おすすめメディアコンテンツアプリ一覧

〜「大いなるアプリ」集〜 厳選スマホアプリで、日々の生活をより快適に!

star 人気RSS

意外と使える【LINEスタンプ】その(41)

time 2020/02/04

意外と使える【LINEスタンプ】その(41)

食いしんぼうOL もぐ美

 

オフィス・レディことOLは、「会社勤めをする女性」や「通勤する女性」を意味する和製英語である。ざっとしたイメージとして、パリッとした制服を着た日本の働く女性といったところだろうか。

食いしんぼうは、いうまでもなく日本語。その言葉から察するになにやら愉快な印象さえ抱くが(僕だけかもしれないが)、それは実のところあまり良い意味ではないらしい。曰く、「意地汚くて、やたらに物を食いたがる性質、あるいはそのような人」のことをいうのだそう。「意地汚くて」という罵り文句めいたものをこの言葉に付随させる必要があるのかは疑問だが、そういうふうにできているのだからしょうがあるまい。古来からある言葉の意味に不平を述べても、その不平の声はどこにも届かない……。

しかし、そんなOLと食いしんぼうがこの国を支えている、といってもあながち間違いではないだろう。

そう、企業や小さな会社を、デパートや様々な公共機関を、あるいはもっと規模を縮めれば家庭を支えている。食べて、働いて、また食べて、働いてだ。そもそも、一体それの何がいけないというのか?しかし、そんな形にすらなっていないような不平を述べたところで、その不平の声は誰にも届かない……。

だが、和製英語であるOLが、あるいは「意地汚い」食いしんぼうが、ある日を境にふっとこの世から消えてしまったら?世界はなにやら活気を失い、ひょっとすると飲食店はおろか様々な企業が大ダメージを受けて、街はゴーストタウンと化すかもしれない。

「おお……あの頃が懐かしい!」と、誰か偉い人がゴーストタウンの真ん中で叫ぶ。彼はもちろんOLではないし、「意地汚い」食いしんぼうでもない。彼にとってOLなんぞただの小さな駒であり、美食家で有名な彼にとって食いしんぼうなんぞ「馬鹿の代表」のようなものだ。高級スーツの下の身体はゾンビのように痩せていて、カサカサとした蒼白い頬にはまるで血色が感じられない。「おお!意地汚かったあの頃、当時は卑しいとさえ感じられたあの活気、あれを今一度取り戻せたなら……」

もちろん、そんな空想的な不平を述べたところで、その不平の声は偉い人(例の血色の悪いゾンビのように痩せた人を含めて)の耳には届かない……。

そもそも僕は、さっきから何を不平のようなことを繰り返し述べているのか。そのような不平を述べたところで、その不平の声は僕自身にさえ明瞭には響いてこない……。

しかし、「腹」には響くものがある。そう、僕は腹が減っていたのだ。

LINEスタンプ「食いしんぼうOL もぐ美」は、ポップなキャラクターもぐ美がもぐもぐ食べる愉快なスタンプだ。プロの漫画家が書いたオリジナル・キャラクターなだけあって、やはり絵がアマチュアとは「ひと味」違う。もちろん、彼女はOLであり、「意地汚い」食いしんぼうだ。略すると意地汚いOLだ(これはどうだろうか……)。

そう、もぐ美は食べる。もぐ美は飲む。もぐ美は食べるために作る。もぐ美は食べ疲れて寝る。「意地汚くて結構よ。食べないと働けないし」といわんばかりに。

日本という国に生まれて良かったと思うのは、やはり「食事」のことだろう。寿司や丼もの、地域別に豊かな個性を持つ麺類や新鮮な魚介類。お鍋にカレー、地酒に和菓子。あるいは「ただの」インスタント麺や袋ラーメンでさえひどく美味しいではないか。

この国に生まれた以上、もはや少々「意地汚くて」結構なのでは?そう、もぐ美の潔い開き直りを見習って。

star 人気RSS

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング