おすすめメディアコンテンツアプリ一覧

〜「大いなるアプリ」集〜 厳選スマホアプリで、日々の生活をより快適に!

star 人気RSS

愉快なカメラアプリ【自動ぼかしの背景 ー 肖像写真DSLR】と、ロバート・デ・ニーロ

time 2020/02/07

愉快なカメラアプリ【自動ぼかしの背景 ー 肖像写真DSLR】と、ロバート・デ・ニーロ

デジタル一眼レフカメラで撮影したようなぼかし背景効果をお手軽に作成できる画像編集アプリ!

 

「自動ぼかしの背景 ー 肖像写真DSLR」は、デジタル一眼レフカメラで撮影したようなぼかし背景効果の写真がお手軽に作れる、楽しい画像編集アプリです。

写真の不要な部分を効果的に、かつ自動でぼかしてくれる便利なアプリ。もちろん、気になるところはさらに手を加えることも可能。ぼかしの他にも〈フォーカ〉や〈フィルタ〉などの機能があり、背景を変えるという点に置いてはとても楽しめるものとなっています。

使い方はとても簡単。編集したい写真をアプリに見せる。するとアプリが写真を読み取り、自動で背景にぼかし効果を加えてくれます。その後に調整したり手を加えたりしつつ、納得のいくものへと仕上げていく。サクッと編集できるので、そこは大きな魅力の一つでしょう。

さて、ロバート・デ・ニーロです。

「ぼかし」といえばロバート・デ・ニーロでしょう。デ・ニーロは周りをぼかすこともできれば、ぼかし効果を加えた背景と化すこともできる。

『ローニン』という映画は、デ・ニーロの90年代後半におけるとても渋い作品。スパイや特殊工作員の物語。あまり印象に残らないような映画なのですが、派手なカーチェイスやスタイリッシュで淡々としたストーリーに、何故か見返したくなるような作品でもあります。

ひょっとすると、この作品自体がぼかし効果の中にあるのかもしれません。あるいは、この時期のデ・ニーロが。

それはもちろん、良い意味でのことですが。

star 人気RSS

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング